​株式会社日伸電工 代表取締役 赤松高吉会長インタビュー

人間的に成長させてあげることが企業経営者の大きな責任。

企業とは社会に貢献する為、そして従業員の為にある。従業員の為とは給料だけ上げればいいのかというと、

それも大事だが決してそれだけでではないと思う。

会社を継ぐまでは?

大学を卒業して2年ほどは修行と言いますか、名古屋にある親父の知り合いの会社で設備関係の図面を描く仕事をしていました。最初は3年くらいを考えていたのですが、高校の同級生でもあった今の家内との結婚を機に「それならば、地元で所帯を構えよう!」という事で帰ることになりました。

会社に入ってからは?

行く末は事業承継をするという前提で日伸電工に入社しました。最初は一社員として始めていく予定だったのですが、こんな性格なので、、、。それまでの現状を見て「なんだ、この会社は!改革をせねばならん!!」と一人燃えまして(笑)何の経験もない跡取り息子でしたが、急に帰ってきて急に改革だと言い始めて。まぁ、いじめられますよね(笑)

時はバブルに入った頃。とにかく仕事は山ほどある!忙しい!人は足りない!!しかし、仕事はこなさないといけない。家庭を顧みず、ひたすら仕事だけをこなしていく毎日でした。そんな中でも一人改革に燃えていましたが、会社の中で浮いていて、いじめられてしまう構図になる。実際は本当に忙しくて、日々の仕事をただこなすだけで全然楽しくない。また、改革なんて夢のまた夢でおまけにいじめられる(笑)その時があるから今がある。しかし、あの時が一番辛かったですね。

どうやってそのご苦労を乗り越えられたのですか?

「致知」という月刊誌がありまして、昔から読んでいたのですが、そこから感じることが多々ありました。何かを感じることはできたのですが、それが具体的に何であるかは良く分かりませんでした。事態も全く変わらない。

なぜ、私だけがこんな目に合わないといけないのか?そんな気持ちで日々を過ごしていました。

今思えば、全て人のせいにしていました。被害者意識を持ちながら仕事をしていたんです。しかしその時はまだ分からなかった。

それが分かる大きなきっかけがありました。

その時わが社では、ある知的障害の子を採用して働いてもらっていたのですが、その子がとにかく生き生きと働いていたのです。朝早くから出社し、みんなに「おはようございます!」と大きな声で挨拶をして、自分自身にハンディがあるからこそ自分にできる事を徹底的に一生懸命やる姿が新鮮で、感激して見ていたのを覚えています。

ある日、その子が悪性リンパ腫で急に入院しました。当時25歳で若かった分、入院して4か月後に亡くなったのですが、その子が入院している最中に自分の担当している仕事の予定表が欲しいと言ったことがありました。なぜ、そんなことを言うかというと「自分はこの病気に勝って、もう一度日伸電工で仕事がしたい!日伸電工の仲間に会いた!」そんなことを言いながら、病気と闘っていたのです。

その時の事を思い出すと、今でも涙が出ます。わが社はそんな風に思ってもらえる価値がある、そんな価値のある会社なんだ。被害者意識を持っていた自分が恥ずかしくなりました。その時に気が付いて、私の人生が変わりました。

会長が目指す会社とは?

「日伸電工をみんなの会社にしないといけない」という想いは、様々な経緯からそう感じました。企業とは社会に貢献する為、そして従業員の為にある。従業員の為になる事とは、給料だけ上げればいいのか?というとそれも大事なことですが、決してそれだけではないと思っています。人間的に成長させてあげることが企業経営者の大きな責任で重大な仕事だと思っています。それから、私は人間教育にも力を入れるようになりました。「別に大きい事を目指さなくていい。隣の人を思いやれる人間に育ってもらいたい。そうすればあなたが幸せになれるから。」そういう想いの元、人間力を育てようという気持ちになり「致知」という本を読んだり、南里さんに研修をお願いしたりしています。

企業というのは大きい小さい関係なく“社会の公器”である。社会に貢献しないといけないですし、従業員の為にもならないといけない。当然、利益も出さないといけない。目的は、仕事を通じて人間的に成長をする事。その成長を通じて価値を生み出し、その価値の対価として利益を生み出していける。

そんな会社にしていければと考えています。

企業というのは大きい小さい関係なく“社会の公器”である。

赤松 高吉  あかまつたかよし プロフィール

​株式会社日伸電工

商号:株式会社日伸電工

​●代表取締役:赤松 高吉

​●資本:1,000万円

創業年月日:昭和45年5月

従業員数:40名

ISO:2007年11月認証取得

所在地:本社・中臣工場

〒679-4152 兵庫県たつの市揖保町中臣671-1   TEL:0791-67-8712  FAX:0791-67-1512
E-mail:info@nissin-denko.co.jp

所在地:揖保中工場

〒679-4155 兵庫県たつの市揖保町揖保中243   TEL:0791-67-1081  FAX:0791-67-1275
E-mail:info@nissin-denko.co.jp

主要取引先

三相電機株式会社、蔦機械金属株式会社、新生精機株式会社、パナソニックライフソリューションズ池田電機株式会社、株式会社帝国電機製作所、

株式会社岡山農栄社、大和製衛株式会社、日野精機株式会社、株式会社大和金属製作所、商喜産業株式会社
(順不同)

取引銀行

みなと銀行龍野支店、商工中金姫路支店、百十四銀行姫路支店、三井住友銀行龍野支店、伊予銀行姫路支店

業務内容

インサートを得意とするダイカスト製品の一貫生産、アルミ・亜鉛他各種ダイカスト・鋳造・機械加工・組立加工、各種試作・記念品の作成販売

1986年3月、近畿大学卒業。同年4月、株式会社メイチュー入社。

1988年、株式会社日伸電工入社。2005年、代表取締役社長就任。2011年、株式会社ある創業。2015年、代表取締役会長就任。

​会社概要

NSコンサルティング事務所ロゴ.gif

実践志塾

 

NSコンサルティング事務所

〒573-0003 大阪府東成区神路4丁目12−2−1112

TEL: 06-6978-0191

© 2020実践志塾. All rights reserved.